遠田郡K様邸 LDKの形が見えてきました

遠田郡のK様邸のLDKの木下地の工事がだいぶ進みました。

居間と台所を1つにしたため、天井に段差が生まれました。

そこにも少し注目して頂きたいと思います。

では見ていきましょう。
IMG_2757
IMG_2754
これが居間と台所を繋げて、柱、床、天井に木下地を設けている状況です。

新たに柱が立っているところは壁になります。

床は断熱材を入れて、天井は合板で仕上げました。
IMG_2764
こちらが居間と台所の堺だったところです。

居間と台所では天井の高さが異なっていたため、このような段差が生じます。

このような場合は下がり壁というものを作り、この段差の部分を塞いで壁に

してしまいます。

これは垂れ壁ともいわれます。

形が見えてきて楽しみですね(*^-^*)




 

前回の日記はこちら → 現場日記