大崎市S様邸 外壁の目地部分にコーキング

強風のため一日現場が休みとなってしまいました。

今日も風は少し強いのですが、作業に支障が出るほどではなかったので

今回は外壁の目地にコーキングを詰めていく作業を行いましたので、そ

れについて書きたいと思います。
コーキング①
この縦に白く外壁の目地に入っているのがコーキングです。

外壁材の隙間からの雨水の侵入を防ぐ役割を果たします。

このコーキングがないとどんなことが起こるかというと・・・

雨水が外壁材の隙間から浸入する  壁の下地の木が腐食する  シロアリが発生する可能性があります



コーキング②
コーキング③
この写真のようにコーキングを打つ(詰める)時に溝からはみ出てしまいます。

なのでコーキングを打つ(詰める)周りには養生(ようじょう)テープを貼って作業を行います。

外壁の色に合わせるために先にコーキングを打ち、その上から外壁と

同じ塗料を塗ります。


お家を長持ちするための大切なメンテナンスの一つなんです







 

前回の日記はこちら → 現場日記