登米市S様邸 屋根・外壁塗装~サビ止め・コーキング~

登米市南方町のS様邸屋根・外壁塗装工事現場からお伝えします。

S様邸のお宅は屋根・破風板・軒天・雨樋・外壁を塗装する工事を行っています

前回は高圧洗浄が行われている所をお伝えしました。

今回は屋根のサビ止め・コーキング打替が行われた様子をお伝えしていきます(^_^)


サビ止め①
屋根のサビ止めを塗っていきます!

なぜ、シマシマに塗っているかと言うと、大きなローラーで一気に塗ってしまうと、細かい部分が塗れないため、先に細かい部分をハケを使って塗っていきます。






サビ止め②
細かい部分が塗り終わってから、ローラーを使い広い部分を塗っていきます!


サビ止め③
屋根全体が塗り終わりました

下塗りのサビ止めが終わったので、乾いてから中塗り → 上塗り工程へ進んでいきます




サビ止め④
忘れずに屋根の雪止めもしっかりサビ止めを塗ります。





コーキング①
こちらはコーキングの打替です。

劣化したコーキングを撤去していきます。







コーキング②
切れ目を入れたのでキレイに取れます。

コーキング③
コーキングを撤去した溝にプライマーを塗ってから、コーキングを充填していきます。

両サイドの緑色は余計なところに付かないように養生(ようじょう)しています。





コーキング④
充填したコーキングを平らに均し、養生を外すと打替完了になります(*^-^*)

コーキングの弾力性で堅い外壁材の膨張を吸収し、破損を防ぐことで大事な家を守ってくれています



前回の日記はこちら ☞ 現場日記