栗原市 O様邸  天井クロス工事

今回は天井の仕上げ材がぼろぼろと剥がれて床に落ちてくるという事で、

合板を張ってクロスで仕上げるという工事です。

すぐ終わってしまった工事なのでビフォーアフターに近いです。

では見ていきましょう。
施工前
こちらがその天井です。

中の格子状になっているところではなくまわりの柄の付いているところです。

この表面ががボロボロと剥がれて落ちてくるということでした。

天井も高いですし、物を避けながらなので気をつけて工事しました!



施工中①
合板というのはこの板のことで、これを既設天井の上に張っていきます。

形が四角ではなく台形になっているのでそれに

合わせて合板を加工します。

施工中②
張った合板の上にクロスを張りますが、釘を

打ったところなど、平らに見えて平らではな

いため、パテを使って補修していきます。
施工中③
最終的にクロスを張るとこのような仕上がりとなりました。

白のシンプルなクロスで仕上げる事で清潔感もあります。

やはり「シンプルイズベスト!」ですね(´ω`*)