登米市O様邸 台所の床が張られました!そして・・・・

二重張り
台所の床が張られましたので今回はこちらの現場をご紹介いたします!

前回は床を張る前の段階でした。

この写真の下の方を見ると合板が二重なっているのがわかると思います。

二重張りと言って、下が下張り、上が上張りです。




勝手口
そして今回はもう一つ、台所につく勝手口の部分です。

ここに砕石(砕かれた適当な大きさの石)が敷かれ、その上に土間コンクリートが

打たれます。

これを囲っている枠、ぴったと納まってますよね。

少しご紹介します!





手順①
手順②
まずはこのように左右の枠を作り、端は45°にカットします。
手順③
手順④
そして左右の枠に木を当ててマーキングをし、45°でカットします。

ですが既製ではないので必ずしも全く同じ角度とは限りません。

そこを職人技でピタッとはめたのが先程の写真です。

継ぎ目がほとんど見えませんよね



次回はここに土間コンクリートが入ります!