大崎市 Y様邸 築22年の初めてのメンテナンス~屋根塗装~

ケレン①
洗浄作業が終わったので、ケレン作業になります。

細かい部分は手ケレンで行います。

トタン屋根のような鉄部にサビが発生している場合、仮にその状態で塗装を施すと、たとえ良質な塗料を使ったとしてもサビの浸食は防げません。

それだけサビの威力は強いのです

サビを除去すれば、「サビを寄せ付けにくい」屋根に復活します。






ケレン②
大きな部分は機械を使ってのケレンを行います。

屋根や外壁には汚れがつきものです。

塗装時に行われる洗浄作業でほとんどの汚れが除去されますが、なかには汚れがひどく洗浄では除去しきれない場合もあります。

洗浄で除去しきれない汚れ等もケレン作業で落とし、ケレンは大事な作業になんです



サビ止め①
サビ止めを塗布しています。

ケレンした屋根の鉄部に、サビ止めを塗布しました。

これはサビの発生を防いで耐久性を高める働きがあります。

上に重ねる塗料がムラにならず綺麗に仕上がる役割もあります。




サビ止め②
全体に塗り終えた写真です。

中塗り①
中塗りです。

今回お客様がお選びになった色になります

下塗り塗料の上に塗布することで下塗り塗料の色を消し、上塗り塗料との密着性を高めるために行います。






上塗り①
上塗りです。

仕上げ塗料を中塗りと上塗りの2回に分ける事で、雨や紫外線に強く耐久性の高い外壁や屋根に仕上げることが出来ます。

上塗りが終わるとこんなにツヤツヤに仕上がります

早く全体の写真が見たいですね













前回の日記 → 現場日記