登米市豊里 K様邸 屋根塗装~雨漏れ調査~

登米市豊里町 今回お問い合わせ頂いたK様邸です。

築30年のお宅です。

母屋の屋根塗装のご相談を受け、お話を詳しくお聞きすると・・・

和室の天井部分に雨漏れすることもお話されました。

雨漏れは塗装では解決できないので、塗装工事する前に雨漏れ調査をする必要があります!


施工前①
施工前②




雨漏れしている和室の天井です。

写真では少し分かりづらいですが、天井に雨漏れ跡が見えています。

この天井の上を調査していきます。
雨漏れ調査①

雨漏れ調査②




大工さん・板金屋さん・塗装屋さんにご協力頂き、屋根に上がり雨漏れしている箇所を探りました。

トタン屋根の隙間から木材の欠片も少し見え、その部分を開けてみました。

腐れてしまった木材の欠片が出てくる状態でした(T_T)
雨漏れ調査③
雨漏れ調査④

原因として考えられるのは水返し勾配(みずがえしこうばい)と呼ばれる部分の施工不良ではないかと思います。

水返し勾配とは外部からの水の侵入を防ぐために設ける立ち上げ部で、敷居内側に取り付ける立ち上げ縁などのことを言います。

この立ち上げ部分の施工不良 → 中に雨水が侵入 → 水返しが腐食 → 中の木材も腐食させて年月をかけて和室天井に雨漏れするようになったのではないかという調査結果でした。


この調査結果からどのような施工をしていくかは、次回からの日記でお伝えしていきます('◇')ゞ