大崎市 H様邸 屋根塗装と外壁張替

今回新しくスタートした現場です。

今年1月に開催した大崎イベントにご家族でご来場いただいたK様。

築30年位 屋根塗装は1回やっており、外壁は今回が初めてになるお話をされていました。

お客様がご来場いただいた時に、外壁が傷んでいるので張替にするか、塗装でメンテナンス出来るのかも含みでご相談を受けました。

現調写真①

現調写真②

現場調査をした時の屋根の状況です

前回の塗装から年月も経ち、屋根には茶色い錆(サビ)が発生していました。

サビが発生していることをお客様は気にされていました。



現調写真③

現調写真④

現場調査した時の雨樋の状況です。

雨樋の中を見る機会がないと思いますが、雨樋も経年劣化が進み塗膜が剥がれている状況でした。(写真左)

雨樋が途中で外れたままになっており、雨樋の役目が果たせていない状況でした。(写真右)

外れてから年数も経っていたようで、本来は雨樋を通るはずの雨水が屋根や外壁に直接当っていたことで屋根や外壁の腐食が進んでしまったみたいです



現調写真⑤

現調写真⑥

お客様が気になされていた外壁です。

傷みが激しく、欠落している部分もありました。

原因として考えられるのは凍害です。

特に水が溜まりやすい部分の傷みが激しかったため、雨樋に水が流れず屋根と外壁の間に水が溜まり、温度差で凍ったり水分に戻ったりを繰り返して外壁の表面が破壊されたと思われます

これでは塗装で直すことはできないので、今回外壁を張替することになりました。

次回から現場の進捗をお伝えします('◇')ゞ