大崎市S様邸 屋根の下塗り開始です

今回は屋根の下塗りについて書きたいと思います。

前回少し話をしましたが、下塗りは鉄部は錆止め、その他はプライマーという

上に塗る塗料と屋根との接着剤的役割を果たす塗料を塗っていきます。

前回は鉄部の錆止めだったので、今回は屋根のプライマーについてです。
下塗り①
これがプライマーをスレート(板)とスレートの間(溝)に塗った状態です。

塗った後が見て取れると思いますが、何故先にここを塗ったのかと言いますと

この後にローラーを使って、塗られていないところを塗るのですが、ローラー

だと、隙間まで塗ることができないのです。


下塗り②

下塗り③

なので、このように刷毛(はけ)を使って、ローラーでは塗ることのできない

隙間を塗って、そのあとにローラーで塗るのです。

ちなみにこの写真で職人さんが塗っているプライマーは速乾性に優れ、大体2~3分で乾きます。

次回、プライマーを全体に塗った写真をお見せできたらと思います。





前回の日記はこちら → 現場日記