遠田郡K様邸 だいぶ工事が進んできました!

こちらのK様邸のLDKもだいぶ進んできました。

フローリングを敷いて、壁の木下地を組んでいます。

天井の段も納められましたし、だんだん形が見えてきました。
胴縁組み①

胴縁組み②

今、大工さんは壁の木下地を組んでいます。

横胴縁(どうぶち)を組んでいます。

胴縁はボードを張る際に釘を打つ下地になります。

胴縁(下地)がないところに釘を打っても意味ないですからね。
床①

床②

こちらはフローリングを張ったところです。

ツルツルというよりもサラサラでした、私好みです。

右の写真の床下点検口の中に見える白いカバーで隠されているもの

というよりも塞がれているものは、何だと思いますか?

実はこれ井戸だったのです( ゚Д゚)

私も知った時は驚きました!

これからも開けてみないとわからないことが出てくると思うので

そのたびに書いていきたいと思います。





 

前回の日記はこちら → 現場日記