遠田郡K様邸 床の骨組み「根太」が組まれました

前回は大引きについて紹介しましたね。

今回は大引きの上に組まれて、床板を支える根太が組まれたので

説明も交えながら紹介していきたいと思います。
根太①
部屋に対して横に大引きより狭く、等間隔で組まれているのが根太です。

根太は300㎜または450㎜の間隔で配置されています。

根太の間隔は上に乗せる床板の厚さで決まります。

床板を厚くすれば、その分根太を広い間隔で配置することができます。
根太②

根太③

断熱材(スタイロフォーム)を入れる際は大引きと床板の間、根太と根太の間の空間

に入れていきます。

ちなみに根太の読み方は、「ネタ」ではなく「ネダ」と読みます。

結構読み間違う人もいるんですよ(^-^)

では次回もよろしくお願いいたします。





 

前回の日記はこちら → 現場日記