遠田郡 T様邸 屋根・外壁塗装 ~中塗り・上塗り作業~

下塗り①



下塗り②






外壁の下塗り作業です。

洗浄して汚れを落とした外壁に下塗りをします。

下塗り  中塗り  上塗り の3工程からなっています。

工程の違いとしては、下塗りは ①外壁材と塗料との接着力を高めるため ②外壁材への塗料染み込みを防ぐ役割をします。





中塗り①

中塗り②




こちらが中塗り作業になります。

下塗りの塗料とは違いますよね?

中塗りで塗っている塗料が、今回お客様がお選びになった色になります。

中塗りの役割は上塗りのための平滑な塗膜を作るための塗装です。下塗り塗料を隠すとともに、下塗り塗料と上塗り塗料との密着性を高める効果があります。





上塗り①

上塗り②

上塗り作業です。

中塗りと同じ塗料を使います。

なぜ2回同じ塗料を塗らなくてはいけないのか?

塗料は液体なので、塗料が乾燥すると液体中の気体分散により気泡が発生します。

これが塗りムラの主な原因になります。

上塗りの役割は、中塗りの塗りムラを塞いで塗膜に厚みを付け、外壁の耐久性と美観を高めます



前回の日記はこちら → 現場日記