遠田郡 C様邸 屋根・外壁塗装~工事開始!~

施工前①
遠田郡 C様邸の塗装現場が始まりました!

築18年が経過し、そろそろ塗装時期かな?と思うので一度見て欲しい、ということでお問い合わせを頂きました。

現場調査をさせていただいたところ、屋根・外壁の塗膜の劣化、汚れ、コーキングの劣化がありました。
施工前②
こちらの写真がコーキングの劣化になります。

外壁と外壁の間のゴムのような部分です。

コーキングの役割は・・・?
弾性に富んだ樹脂系の目地充填剤のことをいいます。

外壁材は非常に堅いので、隙間を設けずに貼りつけてゆくと気温変化などによる膨張で外壁材が衝突し、破損してしまいます。

そこで、レールのように一定の隙間を置いて壁面に貼り付ける必要があります。
この一定の隙間である「目地」にコーキング(シーリングとも)を注入することにより、防水性と耐候性の高い外壁ができるのです。
足場
工事着手日は足場設置となります。

職人さんの安全、作業効率がよくなるように足場を組んでいきます。
洗浄
高圧洗浄作業になります。

18年分の汚れをきれいに落としていきます。
コーキング
コーキングを撤去していきます。


劣化が進むとヒビ割れ、剥離などが発生し、緩衝剤の役割を果たせなくなります。そのためにも、定期的に打替えする必要があるんです。





サビ止め①
屋根のサビ止め中です。

広い部分なのでローラーを使って塗っています。





サビ止め②
こちらは破風板(はふいた)のサビ止め中です。
サビ止め③
屋根サビ止め終了後の写真になります。


お客様がどのような色を選ばれて、仕上がっていくかをお楽しみに