コロニアル屋根の塗装

スレート瓦*一般的にはコロニアル・カラーベストという商品名が総称となり
使用されてます。繊維質とセメント(昔はアスベストも含んでいた種類もあります)を固めた
4.5mmの平スレート瓦です。このため塗装が劣化してくるとともに経年的に藻やコケが付きやすく
付き始めると加速的に塗装劣化、表面の小爆裂を起こし下地であるスレートが顔を表します。
IMG_5720
IMG_5721
前回塗装から5年程度で小爆裂 藻・苔が発生したいます。予測では10年は大丈夫な
シリコン塗装でしたが、コロニアルの特性で下からの爆裂、コケの発生は抑えるのが難しそうです
あくまで下地がまだいい状態で塗装した場合10年もちますが、劣化し始めると少しずつ母材の方で
連鎖的に小爆裂、コケの増殖は進み、必ずしも持ちません。下地の悪いのを性能の良い塗料で
塗装してもそれなりという方が多いようです。
IMG_5777
IMG_5780
幾分か色さめのしたジェットブラック部にチリ拾い(ローラーで回らない部分や
塗料が多く付着して水みちを塞がないよう刷毛で先に塗っておく)を行っている状態の写真です。
塗りたてなので色の濃淡がはっきり見えますが乾いてくると現状の塗装面の劣化がそれほどでもないのが
うかがえます。今後のテーマとしていずれは来るカバー工法でのガルバリューム鋼板葺きの提案や
下地の状態によっては長期の保証が難しいことを把握することが大事であり、お客様のために大事です。