現場日記

遠田郡K様邸 屋根・外壁塗装~屋根塗装~

2020年4月9日|カテゴリー「現場日記
K様邸のお宅は屋根・破風板・軒天・雨樋・外壁を塗装する工事を行います('◇')ゞ

前回の日記では足場が設置され、高圧洗浄の工程までお伝えしました。

天気にも恵まれ、工程が進んだのでお伝えしていきたいと思います



施工中①
まずは屋根塗装からお伝えします。

高圧洗浄が終わったので、下塗り工程になります!

棟板金部分にはサビ止め塗料を塗り、コロニアル部分にはコロニアルに適した下塗り材を塗布していきます


施工中②
下塗り工程が終わり、中塗り工程になります。

中塗り工程では、お客様が今回お選びになった色を塗ります(*‘∀‘)

今回お選びになった色はモルトブラウンという色になります


施工中③
中塗り工程が終わり、上塗り工程へ

上塗り工程も中塗りと同じ色を塗っていきます。

1回塗りでは塗りムラが出来たりするので、2回同じ塗料を塗ります。

1回塗った部分と、2回塗った部分では違いますよね?


施工中④
上塗りが終わりました

ツヤが復活しました

塗装はツヤが大事です











前回の日記はこちら ☞ 現場日記












大崎市三本木 化粧台交換

2020年4月8日|カテゴリー「現場日記
解体
既存の化粧台を解体中です

登米市S様邸 屋根・外壁塗装~高圧洗浄~

2020年4月7日|カテゴリー「現場日記
登米市南方町のS様邸屋根・外壁塗装工事が始まりました('◇')ゞ

S様邸のお宅は屋根・破風板・軒天・雨樋・外壁を塗装する工事を行います

まずは現場調査をさせていただいた時の写真からご覧ください。

施工前①
現場調査をさせて頂いた時の屋根の状態になります。

屋根の材質はトタンです。

塗膜の劣化、汚れサビが見られました。






施工前②
外壁です。
外壁の角の部分が凍害により塗膜が剥がれていました

凍害とは寒冷地においてコンクリートに含まれている水分が凍結・融解を繰り返し、水分が膨張することでコンクリート表面から次第に劣化していく現象を言います。



施工前③
雨樋です。

横樋は高い場所にあるため、近くで見る機会は少ないと思いますが、近くで見ると塗膜の劣化、汚れが全体的に見られました。



施工前④
軒天です。

こちらも高い場所にあり、なかなかじっくり見る機会もないと思いますが、全体的に塗膜の劣化、汚れが見られました。




施工中①
高圧洗浄開始です

先日、足場屋さんが足場を設置してくださいましたので、洗浄作業の様子からお伝えします('◇')ゞ




施工中②
まずは屋根から高圧洗浄をかけていきます('◇')ゞ

高圧洗浄をしっかり行うことにより、塗料がしっかり密着します

施工中③
外壁も高圧洗浄をしっかり行います。

周囲に飛散防止のため、メッシュシートをかけて行います。
施工中④
雨樋や破風板もしっかり高圧洗浄を行います


次回から塗装工程に入っていきますよ

お天気が崩れないように毎日現場の天気世予報チェックは欠かせません











遠田郡K様邸 水廻りリフォーム~塗装工事③~

2020年4月7日|カテゴリー「現場日記
遠田郡のK様邸現場です。

外部の塗装工事が始まり、前回の日記ではコーキング打替工程までお伝えしました。

下の写真がコーキング打替している所になります。



施工中①
劣化したコーキングを除去し、プライマーを塗っています。

紫色のテープは養生しています。


施工中②
コーキングの役割は大きく2つあります。

1つ目は水が内部に侵入することを防いでくれます。

2つ目は揺れに対する負荷を緩和してくれます。

コーキングも劣化が進むとヒビ割れ、剥がれ等が発生し、役割を果たせなくなりますので、定期的に点検・メンテナンスをする必要があります


施工中③
外壁の下塗り工程になります。

外壁に白い塗料を塗っていますよね?

これは今回お客様がお選びになった塗料ではなく、下塗りの塗料になります。



施工中④
下塗り塗料の役割としては、下地と上塗り塗料を接着する役割があります。

上塗り塗料だけだと塗料がしっかりと密着してくれません。

他には塗料の吸い込みを防いでくれます。

外壁によっては塗料を吸収しやすい材料もあるので、上塗り塗料が外壁に吸収されないためにも下塗り塗料をしっかり塗る必要があります












前回の日記はこちら ☞ 現場日記








遠田郡I様邸 屋根・外壁塗装~高圧洗浄~

2020年4月4日|カテゴリー「現場日記
遠田郡のI様邸塗装工事が始まりました

I様邸のお宅は屋根・破風板・軒天・雨樋・外壁を塗装する工事を行います

まずは現場調査をさせていただいた時の写真からご覧ください。

施工前①
現場調査をさせて頂いた時の屋根の状態になります。

屋根の材質はガルバリウム鋼板です。

塗膜の劣化、汚れが屋根全体に見られました。

ガルバリウム鋼板の特徴としては、軽いので耐震性が高いと言われています。




施工前②
破風板です。

なかなか近くで見る機会は少ないと思いますが、このように塗膜の劣化、汚れが見られます
施工前③
軒天と呼ばれる所です。

塗膜の劣化、汚れが全体的に見られました。

こちらも高い場所にあるため、近くで見る機会は少ないと思います。


施工前④
外壁です。

外壁も塗膜の劣化、汚れが全体的に見られ、材質はパワーボードです。

パワーボードの特徴としては吸湿性が高い建材と言われています。



施工中①
塗装工事開始です('◇')ゞ

先日、足場屋さんが足場を設置してくださいましたので、洗浄作業の様子からお伝えします



施工中②
屋根・外壁全ての箇所を高圧洗浄にて洗浄していきます('◇')ゞ