オノブン日記

栗原市 O様邸 アパート塗装~中塗り・上塗り~

2019年10月12日|カテゴリー「現場日記
前回の日記では 洗浄 ☞ 外壁の下塗り ☞ 外壁中塗り までをお伝えしましたので、続きを本日はお伝えしたいと思います(∩´∀`)∩
中塗り①

中塗り②




屋根の中塗りです。

雪止め部分の細かい箇所から塗っていきます。

ローラーで広い部分をどんどん塗っていきます。

中塗りで使用する塗料が今回お客様がお選びになった色になります

中塗りが全体塗り終えると下の2枚の写真になります

塗装前と比べるとツヤツヤ感が出ていますよね

中塗り③

中塗り④





中塗りが終わったので、次は上塗りになります。

中塗りと同じ塗料を使用していきます。

1回目の塗装だけでは、色ムラが発生してしまうので、2段階で塗装を行う必要があります。

2回塗装することで塗膜に十分な厚みを持たせることができます。


上塗り①


上塗り②

上塗り③




上塗り④


外壁も上塗り作業です。

中塗りと上塗りが同じ塗料なので、1回に多くの塗料を吸わせて塗ればいいのでは?と思う方もいるかもしれません

でも、1回の塗布量が決まっているため、そのようなことは出来ません

1つ1つ丁寧な作業を行うことが長くもたせるために必要になってきます


施工事例をお楽しみにしていてくださいね




前回の日記 → 現場日記








大崎市 E様邸 屋根・外壁塗装~屋根塗装~

2019年10月8日|カテゴリー「現場日記
下塗り①

下塗り②

下塗り作業の開始です。

中塗り塗料の吸い込みを抑え、吸い込みを均一化して塗装のムラを防止する役割と塗装面と塗料の密着性を高める役割があります。



中塗り①

中塗り②

続いて中塗り作業になります。

今回お客様がお選びになった屋根の色になります。

広い屋根ですが、一気に塗りません

まずは細かい部分を丁寧にハケで塗ります。



中塗り③

中塗り④

ハケで細かい部分を塗り終えたら、ローラーで広い面を塗っていきます。

大きな屋根の上ではこのような細かい作業を行っています

塗膜の劣化が起きていた屋根が復活してきましたね



上塗り①

上塗り②

上塗りになります。

中塗りと同じ塗料を塗っていきます。

同じ塗料なのになぜ2回塗らなくてはいかないのか???

上塗りの役割としては・・・塗料には必ず水分が含まれており、乾燥後の中塗り塗料の表面には塗料中に含まれる水分の乾燥の跡ができることがあります。

その気泡の跡を埋め、しっかりと外壁と塗料を密着させるために行います。

仕上げ塗料を中塗りと上塗りの2回に分ける事で、雨や紫外線に強く耐久性の高い屋根に仕上げることが出来るのです




前回の日記 → 現場日記








栗原市 K様邸 屋根・外壁塗装~外壁中塗り・上塗り~

2019年10月5日|カテゴリー「現場日記
中塗り①
白い部分が下塗りした塗料になります。

茶色の塗料が今回お客様がお選びになった外壁の色になります

中塗り②
全体が塗られるとこうなります。


上塗り①
上塗りです。

中塗りと同じ塗料を重ね塗りします。

塗料はムラなく、均一に塗るために、重ね塗りするのが原則です。

中塗りを省いて一度に上塗りをしようとすると必ず塗りムラが出来ます


上塗り②
上の写真の中塗りと比べると、ツヤがあるのが分かりますか?


塗膜が劣化しツヤがなくなってくると、耐光性が悪いため、日光を反射しにくくなります

また、ゴミなどが付着しやすく汚れやすくなるため、塗装はツヤが大事になってきます

完工が近づいてきてました

楽しみですね






前回の日記 → 現場日記



大崎市 N様邸 10年ぶりの塗装~工事着手~

2019年10月5日|カテゴリー「現場日記
施工前①
今回塗装工事着工したお客様です。

築22年で10年ぶりの屋根塗装になるそうです。

塗膜の劣化、汚れが見られました



施工前②
屋根の雪止めです。

塗膜の剥がれも部分的にありました
施工前③
外壁です。

塗膜の劣化、汚れが見られました



施工前④
外壁のコーキングです。

コーキングも劣化し、硬化している部分、切れている部分もありました



施工前⑤
雨樋です。

なかなか近くで見る機会はないと思いますが、屋根や外壁同様に塗膜の劣化や汚れがあります。



施工前⑥
こちらはタテ樋です。

塗膜の劣化、汚れ留め金具にサビも見られます。

洗浄①
工事着手日の初日には足場が組まれ、翌日から洗浄作業に入ります('◇')ゞ
洗浄②
しっかり高圧洗浄することで、雨や湿気で付いたコケやカビ、チョーキングを綺麗にします。

古い塗膜の浮きや密着が弱くなっている塗膜を剥がす目的があるんです。



洗浄③
女性の方はわかると思いますが、洗顔をしないで次の日化粧のノリはどうですか?

油や汚れが付いた上に化粧は綺麗にのりませんよね?

塗装も同じなんです!
綺麗に何もついてない状態で塗料を化粧すると綺麗にお家も美人になるんです



サビ止め①
屋根のサビ止めです。

サビが発生すると、自然とキレイになることはありません。

加速度的に劣化が進行してしまい、最終的には穴が空いて雨漏りが発生してしまうこともあります
サビ止め②
劣化が進行しないようにサビ止めを行います。
サビ止め③
破風板も同様です。

破風板の役割としては

①雨・風を防ぐ

②雨樋の基礎

③防火

実はこのような役割を持っています!



大崎市 Y様邸 築22年の初めてのメンテナンス~工事着手~

2019年10月4日|カテゴリー「現場日記
施工前①
今回新たに塗装工事が始まった現場です

築22年で今回が初めての塗装になります。

屋根は塗膜の劣化、汚れ、雪止めにはサビが発生していました



施工前②
日当たりの悪い面にはコケ汚れも発生していました
施工前③
雨樋です。

雨樋も塗膜の劣化、汚れ、留め金具にサビが発生していました
施工前④
外壁のコーキング部分です。

コーキングの劣化しており、切れている箇所がありました



足場
いよいよ工事スタートです!

まずは足場の設置になります。
洗浄
足場が設置され、洗浄工程から入ります。

雨や湿気で付いたコケやチョーキングをキレイにします。

旧塗膜の浮きや密着が弱くなっている塗膜を剥がす目的があります。
この上から塗り替えを行っても何の意味もないので、高圧洗浄で行うことが重要になります




ケレン
ケレン工程になります。

ケレンはサビを落とします。ケレンには大きく2つの役割があります。

①塗料を塗る前に塗る面を整える

付着性の向上 です。



サビ止め
サビ止めです。

細かい部分をハケで塗ってから、広い部分をローラーで塗っていきます。

大きな屋根ですが、実は細かい作業を行っているんです