お客様インタビュー

貴重なお声、ありがとうございます
大切なお住まいを託してくださったお客様のお宅に改めてお伺いし、担当スタッフの印象や、 リフォーム中に感じたことや気づいたこと、リフォーム後の生活の変化など、あらゆる思いを「ホンネ」でお話ししていただきました。

インタビュアーは社長・小野寺が務めます。
インタビューに応えてくださった皆様、貴重なお時間をありがとうございます。これからリフォームをお考えの皆様にきっと役立つことと思います。

新しくなったから、家にも愛情をかけるようになった。(大崎市 大内様)

大崎市岩出山 大内吉夫 様
インタビュー
親身になってくれる姿勢と笑顔のインパクトで「よし、決めっぺ」とお願いしました。

わたし小野寺を知ったキッカケはなんですか?

ご主人
チラシ。黄色いチラシかな。転勤転勤で今までリフォームしたことなかったけど、退職したので、リフォームすることは決めていて、業者を3社ほど見て歩いた。それぞれの会社を確認しながらいた時に、黄色いチラシが目についたというわけ。
奥様
目立っていたからね。それに小野寺さん、何回も来てくれたし。最初は大きい会社に声をかけたけど、社員さんが来るでしょ。小野寺さんのところは、社長さんが来てくれるから、アットホームでいい。

ちなみに、チラシのどこが印象に残りましたか?

ご主人
お客さんの感想、インパクトあった。ちょっとした文章だけど、「親身になってきてくれた。」とか、人柄がにじみ出ている。
インタビュー

正直、初めてわたしを見た印象はいかがでしたか?

ご主人
印象は、そのものだね(笑)笑顔だね。お客さんを大事にしているね。お客さんのために親身になって考えてくれる雰囲気。この辺で大体わかるわけさ。この段階で、小野寺さんに、7割決めようと思った。
奥様
日を重ねるごとに、わかりやすく話してくれた。それと、正直な人。ほかの業者の人は、早く決めないと、とせかしていたけど、小野寺さんは、「今からだと、消費税増税前には終わりません。」と正直に言ってくれましたからね。
ご主人
そうそう、あと、学校のつながりがあるということも、後でわかったからね。
インタビュー

なぜ、今回、リフォーム工事をしようと思ったのですか?

ご主人
これは、台所の床のキシミだな。あれがキッカケ。
インタビュー

奥様
あと、トイレだね。昔から、子どもたちに、ぼっとんトイレは、「いやだ。いやだ。」と言われていたから。「ウォシュレット。ウォシュレット。」って。昔は、わたしたちも若くて、余裕なかった。今は、おじいちゃん、おばあちゃんになって余裕もできた。ひがな一日家にいるから、よく使うし、よく見えるし、気になるようになった。

わたしに工事を依頼するまでに、迷ったことはありますか?

ご主人
ん、なにもない。十回くらい来てくれたけど、二回目来たときには、大体決めていたな。「よし、決めっぺ。」って。そうそう、一回目の後、小冊子をもらって、読んだのよ。全然リフォームのこと、わからなかったから、すごい勉強になった。今でも大事にとってある。
インタビュー

奥様
すごいお気に入り(笑)「何回も足を運びます。」と言ってくれたし。

最終的に、わたし小野寺に工事を頼む上で決め手になったことはなんですか?

ご主人
適切なアドバイスをもらったな。終始、こっちサイドでやってくれた。だから、こっちもいろいろ言ったから、小野寺さん、大変だったんじゃない。
インタビュー

奥様
全部、思っていること、吐き出せた。一番は、話しやすい、言いやすいことじゃない。親近感。大きい会社の人は、背広着て、営業マンって感じで、引いちゃうことある。

実際に工事が始まってから、印象に残っていることはなんですか?

ご主人
常時、2、3人来てくれて、テキパキ。みんないい人だったな。
奥様
設備屋さんには、感心した。かなり狭い床を泥んこになりながら、もぐって、一生懸命やってくれた。近くに自分の会社のOBの人が住んでいるから見学に来ていたからかもしれないけどね。

一番良かったことはなんですか?

奥様
おばあちゃんになって、やっと叶えられてよかった。
ご主人
洗面台とトイレ。衛生的になった。孫なんか、よろこんで、必要もないのに、ウォシュレットを使っているよ(笑)じいちゃんにとっても、うれしいね。
インタビュー

奥様
家族も「おしり、流せて、よかった。」って(笑)「なんで、うちは、ぼっとんトイレなの?」と言われてたから。

工事が終わった今、改めて、どんなお気持ちですか?

奥様
新しくなったから、家に愛情をかけるようになった。
ご主人
この歳になってからの初めてのリフォーム。いい勉強になった。自分でメンテナンスなんかしなかったのに、自分でもするようになった。今まで、業者に任せっきりだったけど、自分でも手をかけるようになった。だから、あの小冊子はじめ、小野寺さんのアドバイスはありがたかった。小野寺さんが、われわれに親身になってくれたおかげだよね。本当に感謝しています。

あそこまで詳しくさらけ出しているとそれだけで安心。(涌谷町 森近様)

涌谷町田町裏 森近正明 様
インタビュー
新築を建てた息子に「いいなあ」と言われました

わたし小野寺を知ったキッカケはなんですか?

ご主人
新聞の折込チラシ。おたくに電話したのは、あますところなく詳しく説明している。誠実さが伝わった。

初めて、わたしを見たときの正直な印象はいかがでしたか?

ご主人
あ~、正直な印象ね。工事する人には見えないな、ずいぶんお若い方だなぁ、と(笑)。もっと職人さんかなと思っていた。
インタビュー
奥様
余すところなくくわしく説明してくれる、誠実さが伝わった。

なぜ、今回リフォームをしようと思ったのですか?

ご主人
壁の塗装。壁に寄りかかると、塗料がつく。4、5年前からやらなきゃいけない時期だった。なかなかねぇ、腰が上がらないというか、決まらなくて。結局、いい業者に行き当たらなかったんだよね。
インタビュー

今まで気になっていたことはなんですか?

ご主人
一番は、玄関のリフォーム。自分のイメージ通り伝わるかどうか心配だった。自分でもはっきりしたイメージではなかったんだけどね。だから、図書館に行って調べたりして。
奥様
知り合いの家に見学させてもらったこともあるよね。

わたしに依頼する上で、迷ったことはなんですか?

奥様
いくらになるのかなぁ~?ということ(笑)

わたしに依頼する決め手になったことはなんですか?

ご主人
適切な価格設定。高くふっかけられないかと。小野寺さんみたいに、あそこまで詳しくさらけ出していると、それだけで、安心。安いのは、安いなりに理由があるからね。
インタビュー

印象に残っていることはなんですか?

ご主人
どの工事人さんも、非常に応対がいい。特に、Sさん。一生懸命考えてくれた。玄関ポーチのところ、すごいなぁと思った。深い経験がある方だなと。自分も技術屋のはしくれだから、わかるんだよね

一番良かったと思うことはなんですか?

ご主人
玄関ポーチの屋根。ぴったりだった。全部取り替えるのかと思ったら、今までのものを残して、いいものを作ってくれた。一部、木が腐っていたので、心配したけど、新鮮でしたよ。最高のリフォームというのは、必要最小限で、最大の効果を出してくれることだと思うんだよね。その意味で、本当に助かった。
インタビュー

ご家族の方はなんとおっしゃってましたか?

奥様
娘たちが帰ってきたら、「きれいになったね。すごいね、ぜんぜんちがう。」と言ってました。友達は、「どんどん、きれいになっていくね。」、「この辺にない建物回りだね。」って。息子は、自分は新築を建てたのに、「いいなあ、この家。」って。
インタビュー

最後に、あらためて、今どのようなお気持ちですか?

奥様
やりたかったから、やってよかった。主人がなかなかやろうと言ってくれなかったから、4、5年かかったけど(笑)
ご主人
お金をかけるだけのことをできるか不安だったので、踏み切れなかった。何軒か当たったけど、こちらのいいなりで、提案がなかった。玄関を毎日のぞき見して、しみじみと、やってよかったな、と思っています。わたしがあまり口出しをせずに、かみさんに任せたのが、よかったのかな(笑)これを契機に、これからもよろしくお願いいたします。
奥様
きれいになったね。すごいね、ぜんぜん違う。

今日は、お忙しいところありがとうございます。
ちょっと照れくさいところがありますが、わたしのことをどのように思っているのか、正直なお話を聴かせていただき、とてもうれしいです。しみじみと、やってよかったなと、思っています。

ほんと、やってよかった。そう、気持ちも明るくなった。(東松島市 佐藤様)

東松島市矢本 佐藤勤 様
インタビュー
あぁ、やっと終わった、やっと きれいになった。

わたし小野寺を知ったキッカケはなんですか?

ご主人
ちょうど壁紙がどうのこうのって、チラシが入っていたんですよね。
奥様
壁紙屋としてのチラシが入っていたから、 じゃあ壁紙、クロス直すんだったら、壁紙屋さんだっていう。ちょうどいいかって。
ご主人
そうです。私も確か、1回か2回、こういうのあるなって、ちょっと見ていたんです。確か2回目か3回目、チラシが入ってきたんです。 いろいろやらなきゃいけないから、いろんなことは気にしていたんですが、でもなかなか自分で行って、どうのこうのとか、しづらかったっていうか、できず、 なかなかね。こういうチラシが入っていて、こういうの専門にやっているところだったら、1回電話して、 それで見積もりかなんか、とにかく見てもらって、どんなところか確認しようっていうことで電話したんです。
RIMG0713

正直、初めてわたしを見た印象はいかがでしたか?

奥様
あ、若い人が来たなって(笑)。

当時3年前なので35とか。

ご主人
壁修理してもらいたいって、言ったら、すぐじゃあ見てみますかって。
奥様
対応が早かったからね。
ご主人
すぐどーっと見て、見積もり出してもらったんですよね。ずっと回って、どうのこうのしなきゃならないとか、こうやったほうがいいよとか、やっぱりああいう普通だったら、お客さんから言われたことでしか、見積もり出しませんよね。ところが小野寺さんは、ずっと見て回って、それでボードが浮いているとか、どうのこうのとかって、だいぶ見てもらったんですよね。やっぱりそういうふうにして、こっちが思っている以上のことを、いろいろ見たり聞いたりしてくれたからね。 普通だったら、おそらくその場で見積もりなんかやってもらえないと思うんです。何日間かたったあと、担当者が来て、それで担当者が見て、それで見積もり、そこでは簡単にできるかどうか、また帰って見積もり。そうじゃないかなと思ったんです。 ところが、小野寺さんはすぐ見積ってもらって。それで、このぐらいだったら大丈夫だと。
インタビュー

なぜクロスや塗り壁を変えようと思ったのですか?

ご主人
最初、これクロス絶対変えないといかんと思っていたんです。ヒビがだいぶ入っていたから。
奥様
建ててくれた大工さんも歳を取ってきて、だんだん疎遠になってきてね。新たに頼むっていうよりも、全然違うところにしてみるのもいいかなと思ってね。
ご主人
それはもう地震で。大体ほとんどこういう、塗り壁とかね、そこの和室も全部いかれたから、できれば早めにやりたいなって。
奥様
ある程度余震が落ち着いたらからね。直後じゃやっぱりもう余震、何度もあるから、またっていうのがあるから、いつ直すか、なかなかキッカケがつかめないでいたっていうかね。それがたまたま、「そろそろやらなきゃね。」って思ったときに、このチラシが入り始めたから。

今回、わたし小野寺に工事を依頼するまでに迷ったことありますか?

ご主人
ここを建てた大工さんに頼まなかったら、どういう人に頼むか。
奥様
あと料金ね。
ご主人
どこに話したらいいかとか。料金はどのぐらい掛かるだろうかとか、そういうのはものすごく気になっていたんですね。大工さんに頼めば、おそらくそこからまた連絡してくるって、すぐ来て、見積もりとかああいうのを出してもらうんだと思うんですが、今回はじゃあ大工さんを通さないで、やろうかなと思っていたもんですから。 ただ畳の広告に、何畳でいくらいくらってあったじゃないですか。それで、じゃあ連絡してみようっていうことに。
奥様
「そろそろやらなきゃね」って思ったときに、このチラシが入り始めたから。
インタビュー

最終的に、わたし小野寺に工事を頼む上で決め手になったことはなんですか?

ご主人
やっぱりいろいろなことをやってもらって、あとそういうのも、本当は壁紙の広告以上のことをやってもらったですよね。それでいくらいくら、込みでこのぐらい掛かりますと、あとは日数的に、もうそんなに期間長くならないで済みそうだったから、じゃあこれでやってもらおうかっていうことにはなったですよね。
奥様
一番はね、やっぱり明るくいろんなことを積極的に話してもらったことです。

実際に工事が始まってから、印象に残っていることはなんですか?

ご主人
3人か4人ぐらいずつ、いつも来てもらって、やってもらって、例えば大工さんがうちの上に上がって、ちょっと直してもらったりとか、ああいうのいろいろやっていただいて、本当にありがたかったですね。それで皆さん随分、作業、仕事をやってもらって、早めにというか、次から次へと最初2階から、次から次へとじゅんぐりじゅんぐり住みながら、生活しながらやってもらったんですけど、だからものすごくそれは助かったです。
奥様
クロス以外の部分をいろいろ丁寧にね、塗り壁もそうですけどもね。
ご主人
前の業者さんより、そういうのは丁寧だったんです。ビニールとか、その上にまた音しないように、また別のマットとか敷いてあったでしょう。ここまでやるのかって思ったんです。あれものすごく、気を付けていただいて、いろんなものずっと敷いてあったですね。
インタビュー

一番良かったと思うことはなんですか?

ご主人
張ってもらってる業者さんというか、来てもらった人が、良かったんですよね。来ていただいた人に、ときたま話して、どうなりますかねとかって、みんな一生懸命やってもらってますよね。あとどのぐらいで終わりますよとか、このぐらいでオッケーですよって言いながらやってもらったから、ものすごいこっちとしては、今度こっち片付けないといけない、今度こうだなっていうのはできたですね。
奥様
やっぱりおたくの社員教育。小野寺さんの教育がいいんでしょ。
ご主人
1番は、あれだね。あぁ、やっと終わったかって、やっときれいになったかって。誰が来ても、前はみんな、本当の地震とか、何とかの災害のそのまんま、分かっておったんですけどね。 だから、やっと終わったと。誰が見ても別に気に掛けることはないし。助かったなと思って。
奥様
毎日、やっぱりバラバラ切れているのを見るっていうのは、あんまりね。中のあれ、ボードがくずれているのが見れたりとかって、やっぱりね。ガバッとこう落ちていたからね。ここが変なところ、すごい亀裂があるんだったもんね。亀裂が入って、半分クロスがあちこち剥がれるとかあって。毎日それを見ながら暮らすっていうのはね。
インタビュー

ご家族の方はなんとおっしゃってましたか?

ご主人
娘は、実際帰ってきたとき、「あ、明るくなったね」って、まず言ったんですよね。前回は、この上やってなかったんです。最初は、暗かったんですよね。だから天井は全部やってもらったから。きめ細かくいろんなことまで、全部やっていただいたから。
奥様
全然違いますもんね。シミはね、そんなになかったかもしれないけど、やっぱり気になっていたからね。天井の黒っぽいのがね。
ご主人
反射してくる光が違いますからね。明るく白くなった、すっごく。

あらためて今どのようなお気持ちですか?

ご主人
やらなきゃやらなきゃと思っていたときに、小野寺さんがキッカケを作ってくれて、こうしてきれいになれてよかった。さっきも言ったけど、やっと終わった、やっときれいになった。それが実感。
ご主人
ほんと、やってよかった。そう、気持ちも明るくなったね。

お問い合わせ